注文住宅の土地ローンを利用する時の注意点について

土地を所有していない場合、注文住宅を建てたい時は、まず、土地探しから始めるのではないでしょうか。希望通りの土地が見つかった場合、先行して土地を購入したい時は、現金の他にローンを組むことができます。一般的に土地がなければ家を建てることができないので、土地から先に購入できます。

土地付の注文住宅を購入する場合、頭金を用意して住宅ローンを組みます。一般的な住宅ローンは控除の対象になりますが、土地だけを先行して購入する場合は、一般の住宅ローン対象にならないので控除を受けることができません。

土地の利用方法を限定できないので、将来的に注文住宅を建てる目的で土地を先に購入しても、住宅ローンではなく土地購入ができる事業ローンを利用します。

土地購入のローンを利用した場合は、土地先行融資やつなぎ融資になるので、将来、注文住宅を建てる時に住宅ローンを組み直すことができます。この時点で土地のローンの残額を支払っているなら、土地と住宅の購入費用を住宅ローンで賄うことも可能になります。

もちろん、全額が住宅ローンの控除対象になります。注文住宅を建てたい方が土地だけを先行して購入する時は、できるだけ早い時期に住宅を建てた方が税制上も優遇されます。

コメントをどうぞ